読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレカログ

クレジットカードが好きです。

セゾンプラチナとMUFGプラチナ 格安プラチナを比較する

プラチナカードと呼ばれるカードの多くは、三井住友プラチナカードやJCB THE CLASS、アメリカン・エキスプレス・プラチナなど年会費が5万円以上となっています。一方で、これを下回る年会費設定のカードも存在します。中には年会費が2万円に設定されているカードも存在します。この記事では、その中でも特に代表的で、私自身も保有しているセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスMUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレスを比較したいと思います。

年会費の優遇条件

セゾンプラチナには年会費の優遇条件がありません<。

MUFGプラチナには年会費の優遇条件があります。すべての支払をリボ払いに自動移行する「楽Pay」に登録し、リボ払い手数料が発生した場合に年会費が3000円割引となります。リボ払いの設定金額を調整し、リボ払い手数料の発生額を抑えれば、お得な割引となりますが、3000円の割引を得るために調整を行うのは面倒くさいと感じる人もいるかもしれません。

少しだけMUFGプラチナに分がありますが、あまり大差はなさそうです。

家族カード

セゾンプラチナとMUFGプラチナともに、3000円の年会費となっています。ただしMUFGプラチナでは1枚目の家族カードについては無料になっています。

家族持ちに優しいのはMUFGプラチナといえそうです。

国内空港ラウンジサービス

これには両者に違いはありません。国内の28空港でラウンジが利用可能です。

海外空港ラウンジサービス

プライオリティ・パスによる海外空港ラウンジサービスを両者とも利用可能です。セゾンプラチナは本会員のみプライオリティ・パスに無料入会可能ですが、MUFGプラチナは本会員と家族会員がプライオリティ・パスに無料入会可能です。

この点においては、MUFGプラチナが有利です。

手荷物宅配サービス

どちらのカードでも、海外旅行時にスーツケース一個を往復無料宅配するサービスが提供されています。

国内旅行保険

両者とも自動付帯で、傷害死亡時に最高5000万円の保険があります。MUFGプラチナでは、手術費用の保険がついています。その他の保険については、大きな差はなく、少しだけMUFGプラチナのほうが有利という印象でしょうか。

海外旅行保険

両者とも自動付帯で、死亡時に最高1億円の保険があります。各保険の保険金の設定について、セゾンプラチナのほうが高く設定されており、セゾンプラチナのほうが有利という印象です。

ショッピング保険

どちらのカードにもショッピング保険が備えられています。補償上限はどちらのカードでも年間300万円です。セゾンプラチナでは、自己負担額が0円で補償期間が120日あるのに対して、MUFGプラチナでは自己負担額が最大3000円で、90日間の補償期間になっています。

ショッピング保険については、セゾンプラチナのほうが良いですね。

ポイントサービス

セゾンプラチナは国内利用で0.75%、海外利用で1%の還元が得られます。

MUFGプラチナは、国内利用で0.5%、海外利用で1%の還元が得られます。ただし、初年度は通常の1.5倍、その後も前年度に50万円以上利用で1.2倍、100万円以上利用で1.5倍の還元が得られます。

セゾンは永久不滅ポイントを標榜しているカード会社なので、セゾンプラチナのポイントの期限は無期限です。MUFGプラチナのポイントの期限は3年間です。

セゾンは国内利用でも無条件で0.75%還元で、ポイント有効期限も無期限なので、ポイントを貯めやすい印象です。

マイレージ移行

セゾンプラチナは、SAISON MILE CLUBというプログラムに無料入会可能です。このプログラムに入会すると、ポイントの貯まり方が変化し、1000円あたり10JALマイル加算と2000円あたり1ポイント加算になります。2000円あたり1ポイント加算されるポイントもマイルに移行すれば、1000円で11.25JALマイルを獲得できます。手数料は完全に無料です。

MUFGプラチナは、JALシンガポール航空デルタ航空大韓航空のマイルへの移行が可能です。1ポイントあたり8マイルなので、通常の条件なら、1000円あたり8マイルの獲得になります。ただし、年間100万円以上利用すればポイントが1.5倍つくようになるので、1000円あたり12マイルを獲得できます。手数料は、マイレージ移行プログラムへの参加年会費とマイレージ移行手数料の双方がかかります。

JALマイルを貯めたいのなら、セゾンプラチナ一択でしょう。1000円で11.25JALマイルという積算率は、本家JALカードを上回っています。MUFGプラチナのポイントプログラムはマイレージ移行には向いていないようです。

グルメサービス

MUFGプラチナでは、招待日和と提携した2名以上の利用で1名が無料になるサービスを展開しています。セゾンプラチナでは、招待日和との提携は実施していないようです。

グルメ系のベネフィットでは、MUFGプラチナに分があるようです。

コンシェルジュサービス

両者のカードともコンシェルジュサービスを有しています。違いとしては、セゾンプラチナのサービスは国内のみに限定されているのに対して、MUFGプラチナのサービスは海外でも利用可能です。

コンシェルジュの品質については、セゾンのほうが良いと感じている人がネット上には多いようです。

アメリカン・エキスプレスとの提携によるベネフィット

両者ともアメリカン・エキスプレスとの提携をしているので、アメリカン・エキスプレスが提供する本家プラチナカードに準ずるベネフィットが用意されています。セゾンプラチナでは「オントレ」、MUFGプラチナでは「スーペリア・エクスペリエンス」と呼ばれていますが、名前が違うだけで内容は同じです。

まとめ

比較結果をまとめてみました。

項目 結果
年会費 少しMUFGプラチナ有利
家族カード MUFGプラチナ有利
国内空港ラウンジ 変わらず
海外空港ラウンジ MUFGプラチナ有利
手荷物宅配 変わらず
国内旅行保険 僅かにMUFGプラチナ有利
海外旅行保険 セゾンプラチナ有利
ショッピング保険 セゾンプラチナ有利
ポイントサービス セゾンプラチナ有利
マイレージ移行 JALに限られるがセゾンプラチナ有利
グルメベネフィット MUFGプラチナ有利
コンシェルジュ MUFGプラチナは海外でも利用可能
品質では少しセゾンプラチナが上か

保険系とポイントやマイレージサービスで有利なのがセゾンプラチナという印象を受けますね。 一方で、家族がいて、旅行に行く事が多いという人だとMUFGプラチナのほうが有利な印象です。